こんにちは。LIMAの河上です。

このLIMAブログは、飲食店の新人店長向けに、私のこれまでの経験から得た学びを綴ったものです。

今日は、「異変への気付き」のお話しです。

今日、一番お伝えしたいこと。

営業中の「異変」に気付くスピードを鍛えよう。

店舗を営業していると、いつもと違う箇所を発見することが沢山ありますよね。

店内環境だと、、、

・BGMがいつもより小さいな。

・床に小さなゴミが落ちている。

・空調がいつもより寒いな。

スタッフだと、、、

・◯◯さん、名札が曲がっているな。

・◯◯さん、困った表情しているな。

・◯◯さん、今日なんか元気ないな。

お客様だと、、、

・あのお客様、キョロキョロ周りを見渡しているな。

・あ、シルバー類が落ちた音がした。

・あのお客様、腕時計を何度も見ているな。

無数にありますよね。。。

店長は、これらの異変にはすぐに気づけなくてはなりません。

気づけるようになるには、営業中は全神経を研ぎ澄まさなければなりません。そして、店内を、スタッフを、お客様をよく「観察」しなくてはなりません。

スタッフやお客様が先に気づき、指摘されてしまってはこちらの「負け」です。

「気づいてすぐに改善する」

「気づいてすぐに指示を出す」

「気づいてすぐに声をかける」

これが店長の大切な仕事の一つです。