こんにちは。LIMAの河上です。

このLIMAブログは、飲食店の新人店長向けに、

私のこれまでの経験から得た学びを綴ったものです。

今日は、「常連のお客様」のお話しです。

今日お伝えしたいこと・・・

売上の8割はリピーターが作っている。

一概には言えませんが、飲食店経営においてこんな表現がよくされます。

「パレートの法則」をご存知ですか?

イタリアの経済学者パレートが唱えた、経済活動における法則ですね。

全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している!というもの。

「8:2の法則」と呼ばれるように、飲食店経営に当てはめると、

「売上の8割は、上位2割の顧客がもたらしている」などと言われます。

そのくらい「上位2割の顧客」=常連のお客様は大切であるということです。

上位2割のお客様をお店に継続して通って頂くコツは沢山あります。

その一つに「特別扱い」があります。

一見のお客様とは明らかに違う付加価値を提供し続けるのです。

なにも「特別に1品サービスする」など、コストをかけることなどが全てではありません。

例えば、

・来店後、店長がすぐに挨拶に伺う。

・その方をよく知るスタッフがあいさつに伺う。

・お誕生日の前後には皆でお祝いをする。

・予約席に、スタッフで寄せたメッセージカードを準備する。

・いつも頼まれる特別料理を準備しておく。

などなど、沢山アイデアが湧きますよね!

スタッフミーティングでアイデアを出し合ってみてはいかがですか?

面白いアイデアがザックザク出てくるはずです!