こんにちは。LIMAの河上です。

このLIMAブログは、飲食店の新人店長向けに、

私のこれまでの経験から得た学びを綴ったものです。

今日は、「余裕」のお話しです。

今日お伝えしたいこと・・・

接客サービスで大切なのは、《余裕》である。

以前に働いていた職場で、こんなことを学びました。

ある上司に頂いた言葉です。

「サービスマンが売るものは《余裕》である。」

毎日のように思い出す大切な言葉です。

 

多くのお客様が飲食店に求めるものは、

「非日常的」な料理、サービス、空間、雰囲気です。

その対価として、お金を頂いています。

「日常的」な、料理、サービス、空間、雰囲気ではありません。

その中で、「サービス」に関しては、

必要最低限のサービス+「非日常」が必要だと、

その上司は言うのです。

そのためには、《余裕》がないと駄目とのことです。

《余裕》がないと、お客様の細かなニーズに気づけません。

《余裕》がないと、お客様の細かな困りごとに気づけません。

《余裕》がないと、スタッフのニーズ、困りごとに気づけません。

忙しいオペレーションの中で《余裕》を持つことは、

とても難しいことです。

ご自身の、スタッフ達の、サービスに関して、

心、表情、声、姿勢、歩く速度、しぐさ、等

よく意識してみてください。

多くの「気づき」を得られるはずです。

そして、「非日常」的なお店は、上手に集客ができています。