こんにちは。

LIMAの河上です。今日は「お出迎えとお見送り」のお話しです。

今日お伝えしたいこと・・・

お出迎え三歩、お見送り七歩」を意識しよう。

「お出迎え三歩、お見送り七歩」という言葉を聞いたことがありますか?

古くから日本に伝わるおもてなしの心得です。

意味は、文字通り、お客様をお迎えするときは、

迎えの場所から三歩歩み寄ってお迎えをしましょう。

そして、お見送りをするときは、

送る場所から七歩先まで出て、ご挨拶をしましょう。

という接客の心構えです。

 

私は、この心得を初めて教わったとき、

「なんて美しい考え方なんだろう!」と、

感動したことをよく覚えています。

決して、物理的な三歩と七歩でなくていいのです。

心の持ち方や、相手への心の伝わり度合いが、

その通りであればいいと思います。

お出迎えは心を込めて、温かくお迎えをする。

お見送りはもっと心を込めて、温かいお見送りをする。

 

ここでのポイントですが、挨拶の声掛けだけではなく、

「+αの一言」を掛けるということです。

定型の挨拶「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」のみの声掛けは、

当然のことですので、お客様の心には特に響きません。

ここでは、「そのお客様だけの為の、+αの一言」を掛けることが大切です。

 

お出迎えの際、前回お会いしたのが年末だったのであれば、

「年末ぶりですね。お元気でしたか?」や、

お見送りの際、接客中に盛り上がった話があれば、

「また◯◯話で盛り上がりましょう!」など、

そのお客様の為だけの一言を追加することで、

初めて定型の挨拶が生きてきます。

 

ちなみに、お出迎えより、お見送りの方が、

歩数が多いのは、お越しいただいたお客様に感謝を込め、

お客様の帰路の無事を祈ってのことだそうです。

皆様のお店のスタッフの、お出迎えとお見送りはどうでしょうか?